神奈川県の大和市で老人ホームまたは有料老人ホームに入居を検討してます

神奈川県の大和市で老人ホームまたは有料老人ホームに入居を検討してます

神奈川県地図
>>一目でわかる『神奈川県の有料老人ホーム一覧』はこちらから

 

神奈川県地図
Q:神奈川県の大和市で老人ホームまたは有料老人ホームに入居を考えています。
そこで気になるのは要介護1〜5 と 要支援1〜5 の差はなんでしょうか?
要介護のほうが様態が悪いのはわかりますが、要支援は介護保険など適用されるのでしょうか?
(大和市 69歳)

A:要介護認定は、全部で7段階に区分されます。

 

介護の必要性が低いものから高い区分へと順番に、要支援1・2、要介護1・2・3・4・5となります。

 

介護保険対象サービスを受けられるようになるのは、要支援1以上です。

 

要支援1より前は「自立」となり、自立することが可能な高齢者の方とみなされ、身辺のお世話が不要な状態であることから、費用の支給を受けることもできません。

 

 

 

・要支援の判定を受ける目安と支給限度額

 

要支援と判定を受ける場合の目安と、1カ月あたりに支給される限度額をご紹介します。

 

 

要支援1は、日常生活を送る基本能力がある方で、一部のみ身辺のお世話のサポートを必要とする状態です。

 

自己負担額は、1割と決まっています。

 

支給限度額は49,700円。そのため、自己負担額は4,970円となります。

 

 

要支援2は、歩くことや立ち上がるなどの動作が少し不安定であり、一部のみ入浴などにサポートが必要な状態です。

 

支給限度額は104,000円。自己負担額は10,400円です。

 

 

 

・要介護の判定を受ける目安と支給限度額

 

要介護は、歩くことや立ち上がる動作が不安定で、部分的に入浴などの作業にサポートが必要な状態です。

 

支給限度額は165,800円。自己負担額は16,580円です。

 

 

要介護1と要支援2は内容がとても似ていますよね。

 

状態不安定・認知機能低下において、要支援2はどちらにもあてはまらず、要介護1はどちらか1つもしくは2つともあてはまる場合という違いによって区分されます。

 

 

 

要介護2は、自分だけの力で歩いたり立ち上がる動作が困難な状態です。

 

衣類の脱ぎ着や入浴、排泄などを行うときに、サポートが必要と判断された場合です。

 

支給限度額は194,800円。自己負担額は19,480円です。

 

 

 

要介護3は、自分だけの力で歩いたり立ち上がる動作が困難なだけでなく、不可能になっている状態です。

 

衣類の脱ぎ着や入浴、排泄などを行うときに全体的なサポートが必要です。

 

支給限度額は267,500円。自己負担額は26,750円です。

 

 

 

要介護4は、衣類の脱ぎ着や入浴、排泄など、日常生活に必要なあらゆる作業に対し、全体的なサポートが必要です。

 

支給限度額は306,000円。自己負担額は30,600円です。

 

 

 

要介護5は、寝たきりになっているケースです。

 

日常生活を送る上での全てに、サポートが不可欠です。

 

支給限度額は358,300円。自己負担額は35,830円です。