厚木市の有料老人ホームで虐待はない?

厚木市の有料老人ホームで虐待はない?

神奈川県地図
>>一目でわかる『神奈川県の有料老人ホーム一覧』はこちらから

神奈川県地図
Q:厚木市の有料老人ホームについてお伺いしたいんですが、最近老人ホームの虐待がうわさされていますが、実際はどうなんでしょうか?
母が痴呆なので心配です。
(厚木市 68歳)

A:厚生労働省が調査結果を発表していますが、痴呆の高齢者の方に対する虐待行為は、少ないとは言えない状況が続いています。

 

老人ホームでの虐待がニュースなどで報道されていますが、厚生労働省のこの調査によれば、介護施設だけに限らず家族(養護者)による虐待行為も多いという、深刻な状況が伝えられています。

 

 

それはなにが原因で起こるかといえば、認知症高齢者の日常生活の介護はとてもハードワークであり、精神的にも身体的にも大変な作業だからです。

 

 

 

・人手不足やストレス

 

認知症患者である高齢者の方のご家族は、老人ホームで働く介護職員とは違い、介護の専門知識がありませんよね。

 

介護職員は、教育や指導を受けています。

 

いくら大変な仕事だといっても歯止めがきいて当然だ、それがプロだろう、お金をもらっているのだからそれくらいできないのはおかしい、と思われるかもしれません。

 

 

ただ、働いている介護職員はベテランばかりではありません。

 

人手不足であることから、まだ十分に経験を積むことができていない介護職員も大勢働いています。

 

 

認知症の患者さんは、食べられないものを口に入れてしまったり、急に大声でわけのわからない言葉を発したり、徘徊したりなど、まるで幼い子供のようなことをします。

 

子供とは違って体も大きく力も大きいので、抑えようとしても容易ではないこともしばしばです。

 

オムツが必要な入居者の方には、介護職員がオムツ交換を行います。

 

排泄物のついたオムツを交換する作業を、1日に何回も何人分も行うというのはストレスがかかることです。

 

 

介護職員になりたての新人さんは、こうした毎日の仕事のストレスと上手につき合う方法が、まだ身に付いていない方もいます。

 

いずれストレス発散を上手にできるようになるでしょうし、それは他の仕事に従事されている方も同じことです。

 

しかし、現在はとても人手不足なので、一人の介護職員にかかる負担は大きい状態です。

 

あってはいけないことなのですが、こうしたストレスが入居者の方に向いてしまっているようです。

 

 

 

・家族からの虐待も

 

質問者様のお母様が痴呆だということで、現在は介護施設に入居されているのか、ご家族が在宅介護をされているのか文面からはわかりませんでした。

 

もし、在宅介護をされているということでしたら、大変なときには無理をせず、介護保険サービスを利用するなどして、抱え込み過ぎないようときには息抜きをしてください。

 

医療機関に一時的に入院してもらうという選択肢もあります。

 

 

家族が高齢者に虐待をするケースの47.9%は、認知症患者だということです。

 

その続柄は、1番多いのが41.0%の息子、2番目は19.2%の夫、3番目は16.4%の娘という調査結果がでています。

 

息抜きやストレス発散というと、怠けているよう思われるかもしれませんが、みんなのために必要なことです。