藤沢市で有料老人ホーム、または:高齢者専用賃貸住宅に住みたい

藤沢市で有料老人ホーム、または:高齢者専用賃貸住宅に住みたい

神奈川県地図
>>一目でわかる『神奈川県の有料老人ホーム一覧』はこちらから

 

神奈川県地図
Q藤沢市で有料老人ホーム、または:高齢者専用賃貸住宅に住むことを検討していますが、
万が一痴呆や寝たきりなど介護が必要になった場合はどうなるんでしょうか?
(藤沢市 66歳)

A: 高齢者専用賃貸住宅にも、それぞれに違った特徴や介護サービスなどがあります。

 

将来痴呆や寝たきりなどの介護が必要になった場合にも、退去せずに住み続けたいということでしたら、そのようなところを探す必要があります。

 

 

訪問介護や食事の提供など、ご本人が欲しいと思うサービスを扱っている住まいがありますので、選ぶことができます。

 

訪問介護というと外部の事業者に依頼をしますが、中には介護サービスを月々定額で行える指定を受けたところもありますので、健康状態により必要性に応じて選んでみてください。

 

そのようなところでは、ヘルパーや介護福祉士などの資格を保有したスタッフさんが24時間365日常駐していますので、安心感があるのではないでしょうか。

 

 

近頃の高齢者専用賃貸住宅は、「サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)」に含まれるようになりました。

 

高齢者専用賃貸住宅で探すだけでなく、サービス付き高齢者向け住宅からも選ぶと、希望の条件を満たした物件が見つかりやすくなりますよ。

 

 

 

・サ高住と有料老人ホーム

 

サ高住を探すとき、介護施設の選択肢として有料老人ホームも思い浮かぶのではないでしょうか。

 

高齢者が住める場所ということで、似たイメージがありますが、どんな違いがあるかご存知ですか。

 

 

有料老人ホームは介護や看護スタッフなどがいて高齢者が入居できる施設なのですが、月額費用は一般的にサ高住の方がお手頃です。

 

もちろん、建物の立地のよさや設備の充実度なども費用に影響しますが、一般的にはサ高住の方がお得だといわれています。

 

 

有料老人ホームではレクリエーションなどができるスペースがありますが、サ高住はアパートやマンションなどと同じような賃貸住宅ということで、娯楽にとぼしいのではと思われるかもしれません。

 

サ高住にも、麻雀やカラオケなどができる専用の設備を導入しているところがありますし、住んでいる高齢者の方同士がコミュニケーションをとれる共有スペースもあります。

 

高齢者に限定していない通常の賃貸住宅との違いは、建物がバリアフリー設計になっていたり手すりが設置されているなど、日常生活の中に潜むつまづきや転倒防止策が講じられているところです。

 

さらに、緊急でなにか発生したときは、休日や夜中などに関係なくいつでも対応してくれます。

 

自立した生活に必要な身体的機能を回復するための、相談に乗ってくれるコンシェルジュがいるサ高住もあります。

 

 

 

・いつまでも住める安心感

 

有料老人ホームに入居するときは、入居一時金というものを支払う利用権方式が採用されています。

 

サ高住の場合は賃貸物件なので、賃貸借契約を交わします。

 

利用権を保有することも確かに安定感がありますが、有料老人ホームは民間企業が運営していますので、もしかしたらその企業が倒産しないとも言い切れません。

 

 

サ高住の賃貸借は法律によって借家人の権利が保護されていますから、運営元の会社が倒産したとしても、引き続き住み続けることが可能です。

 

いろいろなことを考え、見学などにも出向いた上で選んでみてください。