老人介護施設の種類について

老人介護施設の種類について

神奈川県地図
>>一目でわかる『神奈川県の有料老人ホーム一覧』はこちらから

 

 

神奈川県地図
Q:老人介護施設の種類が多すぎてわかりません。
どれくらい種類があるのでしょうか?
また違いってなんでしょうか?

 

A:老人介護施設の種類は、公的機関が運営するところ・民間企業が運営する有料老人ホーム・その他の民間企業の施設の3タイプが一般的です。

 

 

公的機関が運営するところは、特別養護老人ホーム・ケアハウス(軽費老人ホーム)・介護老人保健施設・介護療養型医療施設などがあります。

 

民間企業が運営する有料老人ホームは3種類で、介護付有料老人ホーム・住宅型有料老人ホーム・健康型有料老人ホームです。

 

その他の民間企業の施設は、サービス付き高齢者向け住宅・グループホームがあります。

 

 

 

・公的機関運営の施設

 

公的機関が運営している介護施設は、少ない費用で入居できるところが魅力です。

 

特別養護老人ホームは特養とも呼ばれ、健康状態が深刻な方から優先して入居できます。

 

介護度が増しても、少ない費用で長く住み続けることができます。

 

入居一時金は必要なく、所得などを踏まえて食費や居住費を安くしてもらえるケースもあります。

 

 

ケアハウス(軽費老人ホーム)は公的な福祉施設であり、自治体からの補助があるので、少ない費用で住むことができます。

 

種類によってもかかる費用が異なり、例えば軽費老人ホームC型と呼ばれる介護型の施設は、初期費用に入居一時金として数百万円かかるところもあります。

 

 

介護老人保健施設は老健とも呼ばれ、こちらは入居一時金はかかりません。

 

毎月の管理費や家賃も、少ない費用で入居できます。

 

しかし、リハビリや医療ケアなどが必要になったとき、そのコストは高めです。

 

 

介護療養型医療施設は療養病床とも呼ばれ、少ない費用で入居可能な施設です。

 

医療ケアが必要な高齢者のために設けられている施設なので、医療費負担がかかり、利用料は他の介護保険施設に比べて高くなりがちです。

 

 

 

・民間企業運営の施設

 

民間企業によって運営されていますので、公的施設に比べて費用が割高です。

 

有料老人ホームは、初期費用として入居一時金0円〜数千万円がかかります。

 

0円というと無料となりますから、入居一時金を支払わなくてもいいのかと思われそうですが、その分を分割して毎月の月額費用にプラスされるので、結局支払うことになっています。

 

 

サービス付き高齢者向け住宅は、有料老人ホームのように入居一時金は必要ありませんが、マンションやアパートなどの賃貸契約と同じく、敷金や礼金などがかかります。

 

普通の賃貸物件と同じなら、介護を受けられず高齢者ばかりが入居している住まいのように聞こえてしまいそうですね。

 

介護サービス付きという意味の住宅ですので、専門スタッフなどもいますから安心です。

 

 

グループホームは、高齢者の方の中でも認知症だと診断された方を対象にした施設です。

 

5人から9人が介護スタッフのサポートを受けながら、共同生活を送ります。

 

清掃や洗濯など、残っている機能を使う生活は、認知症にいいとのことです。