神奈川県の綾瀬市で有料老人ホームまたは特養に入居を希望

神奈川県の綾瀬市で有料老人ホームまたは特養に入居を希望

神奈川県地図
>>一目でわかる『神奈川県の有料老人ホーム一覧』はこちらから

 

神奈川県地図
Q:神奈川県の綾瀬市で有料老人ホームまたは特養に入居を希望してます。
特別養護老人ホームは寝たきりの場合でなければいけないと聞きました。
老人ホーム(有料)は万が一寝たきりになってしまった場合どうなるんでしょうか?

 

 

A: 老人ホーム(有料)は主に3タイプありますので、基本的に介護付有料老人ホームに入居すれば、寝たきりになるなど介護度が増しても住み続けることができます。

 

3タイプとは、健康状態が深刻な高齢者の方に適しているところから順番に、介護付有料老人ホーム・住宅型有料老人ホーム・健康型有料老人ホームがあります。

 

 

有料老人ホームはそれぞれに個性や特徴がありますので、住宅型有料老人ホームでも要介護度が高い高齢者が入居できるところが増えてきました。

 

介護付と住宅型とで最も大きな違いの一つに、入居者が自由に外出できるか否かがあります。

 

介護付は介護が手厚い有料老人ホームですが、好きなときに外出することができない決まりになっています。

 

住宅型は、好きなときにどんどん出掛けることができますので、積極的で活動的な気持ちを維持できるのではないでしょうか。

 

ご自宅から近いところでしたら気軽に帰ることもできますし、趣味に時間をかけたり、お友達に会いに行ったりなどもできます。

 

 

 

・寝たきりにならなくても入れる?

 

「特別養護老人ホームは寝たきりの場合でなければいけないと聞きました。」とのことですね。

 

特別養護老人ホームは、入居待ちをしている高齢者の方の中から健康状態が深刻な方から優先して入れるようになっています。

 

入居待ちをしている他の方の健康状態がさほど深刻でなければ、寝たきりになっていなくても順番が回ってくることもありますので、一概にはいえません。

 

 

 

・退去を求められる条件の確認

 

「老人ホーム(有料)は万が一寝たきりになってしまった場合どうなるんでしょうか?」

 

有料老人ホームに入居する前には、契約書や約款に目を通すと、どのような場合になったら施設側から退去を求められるのかが記載されています。

 

そちらを確認した上で、納得ができるところを選ぶようにしてください。

 

 

要介護度は1から5までありますが、以前は住宅型有料老人ホームというと介護度が高いほど受け入れていないものでした。

 

しかし、現在はとても柔軟になっており、要介護5まで入居可能としている住宅型がたくさんあります。

 

 

要介護度は1から5まで受け入れていたとしても、認知症は全く入居できなかったり、初期ならいいが徘徊するようになったら退去を求められるなど、細かい違いもあります。

 

現時点では健康だとしても、将来的なことも考えた上で、選ぶことが大切です。

 

 

契約書や約款の文章は小難しいこともありますので、施設に直接問い合わせたり、見学に行って質問することで、最終的には安心して入居できるようにしたいものですね。