横浜市の有料老人ホームの暮らしってどんな感じ?

横浜市の有料老人ホームの暮らしってどんな感じ?

神奈川県地図
>>一目でわかる『神奈川県の有料老人ホーム一覧』はこちらから

 

神奈川県地図
Q:横浜市の有料老人ホームに入居させたいのですが、有料老人ホームの暮らしってどんな感じでしょうか?
快適そうですが、選び方とかって何から選んだらいいでしょうか?

 

A:有料老人ホームと一言でいっても、その施設ごとに個性や強みは違います。

 

快適そうかどうかというのは、入居者様の性格にマッチした施設を選べているかどうかが大きく関わってきます。

 

 

例えば、集団生活を送ることが好きなタイプか、自分の時間を大切にしたいタイプかによっても、有料老人ホーム選びは違ってきます。

 

レクリエーションが充実したところでは、自分が好きなカリキュラムを自由に好きなだけ選択できます。

 

毎日やることが多くてボーっとしている時間がないというくらいスケジュールを入れている方も多いので、一人でじっとしていることが好きではない方などにいいのではないでしょうか。

 

 

レクリエーションでは、一人で作業に没頭できるものから、みんなで力を合わせないとできないものまでいろいろな種類があります。

 

他の入居者のお友達を作りたい方は、そういった設備が豊富なところがおすすめです。

 

 

 

・一人で過ごすのがお好きなタイプなら

 

有料老人ホームというと、多くの高齢者の方と一つ屋根の下で生活する場所です。
しかし、セカンドライフを静かに過ごしたいという方も少なくありません。

 

近年では以前に比べて個人のプライベートを重視する傾向になっていますが、一部屋に2人以上で住むタイプの部屋もあります。

 

もちろん、にぎやかな方が好きなタイプの方や、寂しがり屋でいつも近くに誰かいる方が好きだという方は、複数で一部屋を共有するスタイルの方が適しています。

 

そうではなく、プライベートの尊重を求めるという方であれば、個室タイプのところを選ぶことが重要です。

 

 

 

・建物が一軒家のようなタイプ

 

有料老人ホームは、入居者や働くスタッフさんなども大切ですが、建物そのものの造りも暮らしやすさに影響します。

 

一軒家のような造りの建物もあれば、まるでホテルのような造りの施設もあります。

 

興味があるところが見つかったら資料の写真だけで判断せずに、必ず見学に行かれた方がいいですよ。

 

一軒家タイプの有料老人ホームでは、食堂などの共用部分がまるで自宅のような居心地で過ごしてもらえるよう、配慮した空間づくりがされているところもあります。

 

 

見学に行ってみるとろは一カ所ではなく、複数の候補をあげておくと、比較することができます。

 

見学をして気に入ったらといって、そのまま契約するのではなく、念のために体験入居もしてみた方が安心です。

 

昼間に訪れただけでは、見えてこないことがわかる場合もあります。

 

1泊2日だけでなく、1週間や1カ月の体験入居をすることも可能です。